拭き取り化粧水と導入美容液の違いは?

拭き取り化粧水と導入美容液の違いは?

拭き取り化粧水と導入美容液

拭き取り化粧水は、洗顔後にまだ残っている肌の汚れ・メイク汚れと一緒に古い角質まで取り除いて、肌にとって不要なものを除去して基礎化粧品の浸透を促すために使用する化粧水となります。

 

導入美容液は、洗顔後の肌につけることで角質を柔らかくし、角質層に化粧水等の基礎化粧品が浸透しやすい状態をつくるために使用する美容液です。


拭き取り化粧水の効果

拭き取り化粧水は、洗顔後の肌に潤いを与えながら、洗顔で落としきれなかった肌の汚れやメイク汚れと一緒に古い角質を優しく除去してくれる化粧水です。

 

肌にとって不要なものが残っていると、基礎化粧品の浸透を妨げたり、肌の上に残っている何らかの成分が肌トラブルを起こす原因となったりします。

 

また、加齢や生活リズムの乱れによるターンオーバーの異常で古い角質が肌の上に留まりやすくなると、肌の表面がメラニン色素を含んだ古い角質に覆われてしまいますので、肌をくすませたり、柔軟性の無い硬く古い角質も基礎化粧品の浸透を妨げる原因となります。

 

洗顔後に拭き取り化粧水で肌に不要なものを取り除くことで、角質層が素直に基礎化粧品を受け入れることができるようになるため、水分や美容成分が浸透しやすくなり、肌がふっくらとするため毛穴も目立たなくさせる効果があります。

 

また、メラニンを含む古い角質を取り除くことによって、肌のくすみを解消し、さらに遅くなったターンオーバーのリズムを正常にすることにより、肌のバリア機能を正常にさせる効果も期待できます。

拭き取り化粧水と導入美容液使う順番は?

拭き取り化粧水導入美容液も、どちらも洗顔後に使用しますが、この2つを毎日のお手入れのステップに取り入れるとなると、まず拭き取り化粧水、そのあとに導入美容液となります。その理由は、やはりこれら2つには違う機能があるためです。

拭き取り化粧水と導入美容液

どちらにも角質層に基礎化粧品が浸透しやすくなる状態を作る点では共通していますが、基本的に拭き取り化粧水にある「洗顔で落としきれなかった汚れを除去する効果」が導入美容液にはありません。
また、導入美容液にある「ブースター効果(基礎化粧品の効能を高める)」が拭き取り化粧水にはありません。

 

スキンケアはまず肌を清潔にし、余分なものを取り除くことから始まりますので、この点で拭き取り化粧水が先行であると言えます。そして、基礎化粧品を受け入れやすくなった肌を今度は効能を高められる状態にするために拭き取り化粧水の後に導入美容液を使うという順番になります。

 

また、拭き取り化粧水は肌を弱酸性に整える効果があるため、導入美容液のブースター効果である「弱アルカリ性から肌が弱酸性へ戻るために代謝を高めて、肌の保湿成分となる酸性物質を分泌することで同時に基礎化粧品の浸透・吸収を高める」が無駄になってしまいますので、この点からも導入美容液は拭き取り化粧水の後に使用するべきと言えます。

 

導入美容液