導入美容液の基本的な使い方

導入美容液の基本的な使い方

導入美容液の使い方

導入美容液は、基本的に洗顔直後に使用します。
なぜなら、導入美容液は基礎化粧品の浸透を高めるブースターの役割を持つものなので、どの基礎化粧品よりも先行して肌につけることになります。

 

使用量が少なすぎると、塗るときに摩擦が起きて肌に負担を与えることになったり、効果が出ない原因となりますので、説明書に記載されている内容をよく確認して、肌に適した量を塗りましょう。


導入美容液は手でつける?それともコットン?

ほとんどの導入美容液は手でつけますが、拭き取りタイプであればコットン使用することになります。

 

美容液タイプのテクスチャーは様々ですが、オイルベースで保湿成分をたくさん含んだ製品が多いので、乾燥肌への使用に向いています。

 

そしてミルクタイプジェルタイプは肌への刺激を抑えたつくりになっていますので、刺激に弱い敏感肌への使用に向いています。

 

これらのタイプは手をつかって優しく肌に馴染ませてください。手で塗るタイプにコットンを使用すると、刺激を与えて肌トラブルを起こすことがあります。

 

特に、乾燥肌と敏感肌は刺激を受けやすくなっていますので、摩擦を避けるためにも手で塗るタイプがおすすめと言えます。

導入美容液の使い方

拭き取りタイプは、コットンに導入美容液を含ませて余分な皮脂や汚れを拭き取りながら角質を柔らかくするタイプとなりますので、毛穴の黒ずみが気になる方や、脂性肌の方、そして比較的強い肌への使用に向いています。拭き取りタイプも力を入れ過ぎないよう気をつけましょう。

 

このように、導入美容液を手でつけるかコットンを使用するかどうかは、導入美容液のタイプによります。肌へなるべく負担をかけないよう、使用法をしっかり確認して正しく使用しましょう。

導入美容液ありなしでは大違い

毎日の肌のお手入れのステップに導入美容液があるのとないのでは、洗顔後に使用する基礎化粧品の効果に大きな違いが出ます。

導入美容液
をつけると、角質が柔軟になるため、まず肌のゴワつきを解消して肌が滑らかになります。その状態の肌には化粧水等がスッと浸透していき、クリームまで塗って仕上げた後でもクリームが肌に乗っているようではなく吸い付いているような感覚になって、肌にもっちりとした弾力が生まれます

 

導入美容液のステップを踏まずに基礎化粧品からスタートさせると、見た目ではわかりづらいですが、お手入れが終わった後に手のひらで肌に触れた時の感触が、導入美容液を使った場合と違うことに気付きます。使った場合に比べて、肌の滑らかさと弾力感が劣り、乳液やクリームが肌で上滑りしている時間が長いです。

 

これらの違いは、はやり、基礎化粧品を使用する前の角質柔軟化を行なったか、行なわなかったかによって、水分や美容成分の浸透率に大きな差ができたことによるものと言えます。

 

導入美容液